セフレ 作る

セフレ作る男女が集まるアプリは決まっている

大人の女性にリードされて
仕事では部下も出来て、責任のある立場になったことで気の抜けない毎日を送っていました。
心のどこかで安らぎを求めていたと思います。
しかし彼女に対してはなかなか甘えた姿を見せたり弱音を吐けずにいました。
それどころか忙しくなってなかなか構ってあげることが出来なくなってしまったので、寂しい思いをさせていたと思います。
最終的には振られてしまいましたが、引き止めるのも面倒だと感じてしまったくらい、心に余裕がなくなっていました。
誰かに慰めて欲しいし思いっきり甘えたい、でも縛られる関係は嫌だ。
そう思って出会いを求めるアプリで、割り切った関係になれるセフレを探しました。
出来れば年上の甘えさせてくれる女性を。
そう思ってアプリでアタックしたのが旦那と離婚したばかりだと言う30代後半の女性でした。
とにかく寂しいから男性と関係を結びたいという彼女は、僕とセフレ関係になってくれるというのです。
最初に会ったときにはガチガチでしたが、すぐに彼女の魅力に甘えたいという気持ちが大きくなりました。
早速ホテルに入って、脱いだ彼女の豊満な体に下半身もガチガチです。
ちょっと弛んだ大きな胸も歩くと揺れるお尻も何もかも魅力的でした。
「甘えたいって言ってたから」と顔に胸を当ててくれて、優しく手コキをしてくれました。
僕はそれ吸いながら仕事の愚痴や吐き出して、それを彼女は全て受け止めてくれて「なんかかわいい」と言ってくれたのです。

ちょっと情けないような、でもなんだか受け入れられたような気がして、僕の上で腰を振ってくれる彼女の揺れる胸を見ながら、最高に気持ちよくなりました。
最初のセックスは全て彼女任せでしたが、それまで自分がリードしなきゃと思う気持ちが強かったので新鮮でした。
年上のセフレがこんなにいいものだとは知らなくて、彼女に甘えるセックスにハマってしまいそうです。

 

【埼玉県|20代|男性|営業職】


ハッピーメールを無料で試してみる >>


TOP『セフレ探し掲示板アプリを使ってセフレ募集する事が大切なのです』へ戻る >>

セフレ作る男女が集まるアプリは決まっている記事一覧

私の彼氏って初めて会ったときの印象は「怖い」でした。>>セフレ募集している人が多い出会い系は数少ないデートの日なのに彼はなんと黒ずくめにサングラスでやってきたのです。「もしかしてそっちの人?」と心臓がバクバクだった私も仕方ないと思います。私はこのようにして出会った彼と喫茶店で沈黙の時間を数十分過ごしました。生きている心地がしませんでした。しかし彼はその後ボーリングに誘ってくれて、そこでやっとサング...